Rustにアセンブリを吐かせる方法


この記事はseccamp2017 Advent Calendar 2017の十六日目の記事です。

OS開発でどんなアセンブリにしてるか知りたいとき、xargoとか使っておきながらrustcにアセンブリを吐かせる方法は
手っ取り早い方法がxargoなりmakeなりする端末で、
env RUSTFLAGS="--emit asm" make ウンタラ
か、いっそ
export RUSTFLAGS="--emit asm"
しとけば
/target/(target-name)/(release or debug)/deps/に.sで吐かれてます。
以上

投稿者:

PG_MANA

自由気ままな自称プログラマー。C,C++,Rust,C♯,HSP,JavaScript,PHP,HTML,CSS,OS自作,openSUSE,ラノベ,アニメ,鉄道 なんか色々してる人 #seccamp 2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です