Dynadotでドメインを買った


いい加減覚えやすいドメイン取ろうと思いまして、取ったわけですよ。
第一、MNASなんてなんて読んだらいいかわかんない。(実は命名者本人も読み方がわからない)
すらっと読めるかつそこそこ短いドメインがほしいなと。
そんで、取ったわけですがその際Dynadotを使いました。
というのもWhois代理公開が無料だったり更新料が安定してたり海外の使いたかったりあのWikiLeaksがここで取ってたりしてるからDynadot選びました。

Domain Name Registration : Website Builder : Web Hosting : SSL Certificates : Dynadot.com

左上のSign Inからログイン画面だして、「Create an account」をクリック
色々ゴニョゴニョ英語で書いて、提出したらあっちの営業時間内にメールで「電話番号認証してね。」ってくるんで電話番号(日本国内なら+81から始まる)入れて、表示された番号をかかってくる電話で打ち込んで認証完了。

次にドメインを買うために
Domain Search
で自分のほしいドメインネームを検索し、カートに入れます。
カートから決済に進むとき購入予定ドメインの下の「Domain Privacy」をonにしとかないとWhoisで個人情報がでます(Domain Privacyは無料です。)
次に支払いですが、クレジット(デビット)カードかPaypalを選ぶのが無難です。
あと支払い単位はUSDにしておくのがレートで一番安そうです。
入金確認は手動のようなので太平洋時間で昼間になるまで待ちましょう。
購入が完了するとDomains=>Manage Domainsでネームサーバーや無料簡易ホスティングやDNSレコードの記述ができます。Auto renewもあるので設定したければどうぞ。
海外だから色々心配したけど、特に問題なく進んだのでよかった。

投稿者:

PG_MANA

自由気ままな自称プログラマー。C,C++,Rust,C♯,HSP,JavaScript,PHP,HTML,CSS,OS自作,openSUSE,ラノベ,アニメ,鉄道 なんか色々してる人 #seccamp 2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です